掃除のおばちゃん ≪ビル清掃 大阪 Youtube≫|新着情報|関西ビル管理株式会社へビル・マンションの空気環境測定や清掃ならお任せください。

ご相談・お見積もりなどお気軽にお問い合わせ下さい。

新着情報

掃除のおばちゃん ≪ビル清掃 大阪 Youtube≫

掃除のおばちゃん ≪ビル清掃 大阪 Youtube≫

YouTubeでこんな動画を見つけました。
長文ですが、清掃業界に携わる者として心に響きました。

「ビル・ゲイツと対等に話せる日本人の掃除のおばちゃん」

ビルゲイツがトイレに入ろうとした時、清掃道具を持った掃除のおばちゃんとぶつかりそうになったそうです。
ビル・ゲイツが「I'm sorry」というと、その掃除のおばちゃんは「ヒゲソーリー」と答え、笑いあったそうです。
その後、社内パーティーに招待されたおばちゃんたち。
マイクロソフトの社員さんでもなかなか直接会話できないのに、ビル・ゲイツは大歓迎し、
自分が大好きな人ですと紹介したそうです、
掃除のおばちゃんたちというのは、会社の中では、いわば日陰の人です。
トイレで出会っても、廊下ですれ違っても、その存在自体が意識すらされません。
けれど、日本びいきのビル・ゲイツはどんなに汚い仕事でも、どんなに辛くても、何十年もそれを誠実に行い、
しかも「ヒゲソーリー」というくらいユーモアとウィットを忘れず堂々と自らの仕事に精を出すという
本来の日本人の典型を彼女の中に見出したのではないでしょうか。
日本が大好きなビル・ゲイツには、彼女が誠実に毎日の清掃をしていること、自分の仕事に誇りを持って生きていること、
そして彼女が胸を張って堂々と生きていることを瞬時に見抜いたのでしょう。
だからこそ彼の心の中に彼女への尊敬の念が湧き起り、トイレであった小さな事件を忘れず、
パーティーにおばちゃん全員を招いたのだと思います。
世界を知る大人物のビル・ゲイツが日本でただ一人の信頼できる友人とまで称したこのおばちゃん。
同じ高齢の旦那様は経理をしていて、定年後も手腕を買われて会社に残り、たいへんな高給をとっていらっしゃる方です。
つまり彼女は、別に働かなくても十分ご飯を食べていけるだけの収入があるのです。
けれど彼女は言います。
「働かないと体がなまるし、働くことで毎日人様のお役にたてることが嬉しいのです。」
他者を思いやる心。日本人が受け継ぐべき素晴らしい一面です。